日本にギャンブルグッズ専門店はある?

日本版のギャンブラーズジェネラルストアをお探しですか?ネットで探したものの、見つからなかったかもしれません。日本でギャンブルショップを立ち上げるということは、免許申請という点で長く曲がりくねった道であることが分かります。

もしあなたが日本の実業家であれば、ギャンブルグッズ専門店を設立するのは良い考えとは言えません。当局によって規制されたり、開店前に閉鎖に追い込まれる可能性が高いでしょう。最悪の場合、ギャンブル禁止法に沿って告発されることになるのは間違いありません。

公営ギャンブルや宝くじは、国や地方自治体の収入を増やすための手段として、特別法に基づいて運営、発売されています。つまり、国から義務付けられた厳しいガイドラインのもとで運営できるということです。

カジノ事業者が大阪、東京、横浜など3カ所の統合型カジノリゾート(IR)運営に必要なライセンス に入札を開始したのは2018年のこと。そして今年2020年には、日本政府によってIR事業者を管理監督する「カジノ管理委員会」が設置されました。

大阪のIR事業入札を検討した5社はどこ?

ラスベガス サンズ

ウィン リゾーツ

MGMリゾーツ

メルコリゾーツ&エンターテイメント

ゲンティン シンガポール

日本には一定の条件の下でギャンブルを許可した法規制があります。文学や映画、漫画など多くの日本生まれのフィクション作品に、ギャンブルがテーマとして取り上げられていることに気づく人がいるかもしれません。皮肉なことに多くの日本人作家や監督、クリエイターらは、現実世界における規制を超えるものを暴いています。例としては次のようなものがあります。『賭ケグルイ』『賭博黙示録カイジ』『嘘喰い』『アカギ』『哲也–聖雀と呼ばれた男』『Liar Game』『麻雀飛翔伝:哭きの竜』『One Outs』『リオ レインボーゲート』『賭博覇王伝 零』。

日本ではほとんどのギャンブルが禁止されています。競馬やモータースポーツ、公営競技、宝くじ、パチンコのほか、3カ所の合法ライセンスで運営予定のカジノなどは特別法で除外されていますが、ギャンブルグッズ専門店については、日本ではいまだに一軒もないのが現状です。

日本では国と地方自治体の収入を増やすためという理由から、ギャンブル合法化に向けた動きがあります。カジノやギャンブル場で重要視されているのは、ギャンブルグッズ専門店です。ギャンブルで必要なものはすべてこういった店で揃います。

船橋は日本最大のギャンブル都市です。公営ギャンブルや宝くじは日本で合法です。カジノ事業者が(ライセンス)申請をしている事実を考慮し、特別法でギャンブルが合法化されているところでは、ギャンブルグッズ専門店があってもおかしくはないでしょう。 国や地方自治体の主な目的は収入を増やすことなので、ギャンブルグッズ専門店を設立することは理にかなっています。これは、雇用や収入の面で、国民と日本政府により多くの機会を与え、双方にとってメリットがあると言えるでしょう。